北川鹿蔵と野副重次

  • 2013.06.13 Thursday
  • 23:30
『日本と東欧諸国の文化交流に関する基礎的研究』(東欧史研究会・日本東欧関係研究会編集・刊行、1982年4月30日)所収の家田修「日本におけるツラニズム」(同書207〜209)によれば、北川鹿蔵について、「北川は関東軍下のハルピン事務所調査課で大正末期に満州での調査活動に従事していた人物である」として次のように紹介し、さらに北川の構想を受け継いだのが野副重次のツラン民族圏経済ブロック化構想であるとしている。(引用に際して一部改行を加えた)

 さて、時期が少しあともどりするが、1929年には、「ツラン民族圏」を遠望しながら、「ツングース民族圏」と日本経済ブロックを結びつけた北川鹿蔵の『パン・ツングーシズムと同胞の活路』(大通民論社)が著わされている。
 北川は関東軍下のハルピン事務所調査課で大正末期に満州での調査活動に従事していた人物である(「東鉄通商部チチハル出張所開設問題」1924年11月26日、「内地外商資金の北満流入による一現象」同年10月25日、「北満における一般労働運動」1925年9月1日といった北川の報告書がある)。
 この北川の発想がそのまま満州国興安嶺の官吏、野副重次にうけつがれ、今度はツラン民族圏の日本経済ブロック化となり『氾ツラニズムと経済ブロック』(天山閣、1933年)として著わされる。
 野副はこの著作の中で、日本人が広大かつ資源豊かな「ツラン民族圏」の地に民族移動を行ない、一大国家を建設することを説いている。この議論の根拠としてシベリアに関するかなり詳しいデータが用いられており、野副は満鉄調査部や関東軍の諜報機関からのデータを得ていたと考えられる(ポグラニチナヤで諜報活動を行なっていた飯村譲陸軍少佐や関東軍司令部の軍政部顧問下永憲次陸軍少佐と野副は交流をもっていた)。
 この他に、1931年には野副は軍隊内での講演も行なっており、林銑十郎には支援をうけていると自ら書いている。また善隣協会理事の斉藤貢による同書の序には、野副の氾ツラニズム構想が参謀本部によって採用されたと記してある。
 ところで、野副がツラン民族圏経済ブロック化構想を説いてまわり、今岡が帰国し、ツラニズム紹介を始める1931年には満洲事変が勃発し、翌1932年9月には満州国が成立する。この間の日本の満蒙経営を主たるイデオロギーは満蒙民族の擁護及び、五族(日、鮮、満、蒙、漢)協和=東亜思想であって、ツラニズムは全く登場してこない。満州国成立後も東亜思想が支配的であり、後には大東亜となり、日本の進出の矛先は東南アジアに向いてゆく。(同書208頁)

 日本においてツラン思想に関心をもつ研究者はほとんど皆無という状況の中で、家田修氏が東京大学経済学部大学院時代に書かれたと思われる論文「日本におけるツラニズム」は大へん貴重である。家田修氏は1953年生まれ、東大経済学部大学院卒、同大学院にて博士号取得後1990年より北海道大学スラブ研究センター助教授、1995年より同センター教授として東欧経済史、ハンガリー史、農村社会論、社会思想を専門としている(北海道大学スラブ研究センターのウェブサイトの中の家田修教授紹介 http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/jp/tenken/2001/ieda.html による)。ただ、同サイトで氏の経歴を見る限りでは、ツラニズムに関する論考は上記のただ一篇だけであるようだ。

北川鹿蔵のこと (3)

  • 2013.05.26 Sunday
  • 07:45
  北川鹿蔵が在籍したと思われる「南満洲鐵道調査部哈爾浜事務所調査課」について、調べてみた。
 草柳大藏『実録満鉄調査部』(上、昭和54年、朝日新聞社)には滿鐵の「哈爾浜事務所」およびその[調査課」について、次のような記述がある。(引用に際して数字表記を一部改変)

「満鉄調査部」の実績を語る際に、「東亜経済調査局」とともに紹介しなければならないのは「ハルビン事務所」の存在である。……
 大正11年、満鉄は通称を爛ゾ瓩噺討个譟∪こεに珍重されていたロシア語の図書1万2000冊をハルピンで手に入れた。社史には「購入した」とあるが値段はさだかではない。  この大きな買い物の前に、満鉄の資料室には9000冊のロシア関係の本があった。これで合計2万冊になるが、爛ゾ瓩鯑手したのに力をえて、満鉄はその翌年(大正12年)、さらに社員をロシアとヨーロッパに派遣して、2000冊近い本を買ってこさせている。
 書籍の蒐集がおわるとすぐ翻訳にとりかかった。2万冊を超える書籍に目をとおし、非公開のものや貴重な内容のものを選別して、原文約5万頁を訳出する作業がはじまる。完訳の期間は当初約5年間とされていたが、「労農露国研究叢書」全6巻が完成したのが昭和元年、「労農露国調査資料」全36巻の刊行が翌2年、「露西亜経済叢書」全91巻が昭和8年となっている。その間にも、不定期で「露文翻訳調査資料」が刊行されているから、満鉄がいかにロシアの調査に力を入れていたかがわかるだろう。
 この「ロシア調査」の拠点が「ハルピン事務所」だった。開設は明治41年、最初に送りこまれたのは調査部員でロシア語の達人森御蔭である。翌明治42年、満鉄は夏秋亀一に補助金を出して日満商会という石炭販売会社をつくらせ、この事務量がふえてくると、大正4年には本社の販売課の出張所を出して、日満商会の事務を移してしまう。やがてロシアに革命が起き、日本とロシアと中国の関係がかわってくる。端的にいえば、帝政ロシアが東支鉄道に持っていた軍事権と警察権を支那側が奪回するという事態が大正9年に起こってくる。そこで満鉄は大正6年に設けた「ハルピン公処」を大正12年には「ハルピン事務所」に昇格し、ここに庶務課・運輸課・調査課の組織を置いた。その後、組織上の変更は何回かあったが、「満鉄調査部」の前進基地であることには変わりがなかった。(同書110-111頁)

 草柳の解説に従って年表風に整理すると、「哈爾浜事務所調査課」は以下のような流れをたどっていることが明らかになろう。

明治41年(1908) 哈爾浜事務所開設、森御蔭赴任
明治42年(1909) 日満商会設立(石炭販売会社、代表夏秋亀一)
大正 4年(1915) 販売課哈爾浜出張所開設(日満商会事務統合)
大正 6年(1917) 哈爾浜公処開設
大正12年(1923) 哈爾浜公処を哈爾浜事務所に昇格、庶務課・運輸課・調査課を置く

 北川鹿蔵の調査報告「チェントロサユーズ(全露消費組合中央聯合会)最近の業績」が「南満洲鐵道哈爾浜事務所調査課資料」として刊行されたのが大正13年(1924)だから、その時期は「公処」が「事務所に」昇格された翌年のこととなる。
 南満洲鐵道哈爾浜事務所調査課員であった北川鹿蔵がロシア、満蒙および支那の事情に通じていたのも宜なるかなと言うべきであろう。民俗学研究者にしてブダペスト高等女学校校長のバラトシ・バログ・ベネデク教授が「匈牙利ツラン同盟」の秘書長兼全権委員として大正10年5月に再度来日しツラン運動への参加を呼びかけ、ツラン民族の盟主としての期待を日本に寄せて各地に講演して回ったことが、日本におけるツラン民族としての自覚の嚆矢となったが、北川がこのツラン民族の考えに共鳴するにはなお若干の時間を要した。昭和4年12月に刊行した『パン・ツングーシズムと同胞の活路』と題する小冊子では、アジア人種のほとんどが「ツングース民族」であるとしてその大同団結を呼びかけ、まだ「ツラン民族」という考えを授用していない。
 ただし、日鮮満蒙民族と露領所在のツングース人種はツラン民族の重要部分を為す中核的存在であったから、「氾ツングーシズム」を「氾ツラニズム」へと発展させることは無理もなく容易だったのである。


日本ツラン関係文献一覧

  • 2013.05.18 Saturday
  • 22:42
 「ツラン」に関心を寄せてくれる人のために、これまでに調べた関連書籍を古い順にリストにしたので、公開します。下から古い順になっています(一番上が一番新しい)。頁数を付していないものは、実見していません。また、北川鹿蔵の「ツエントロサユーズ」に関連する2論文はおそらく「ツラン」に関係ありません。自分のためにリストに入れてあるだけです。


久留島浩・趙景達『アジアの国民国家構想』(284 p)青木書店 2008.3

永田雄三ほか『植民地主義と歴史学』(280 p)刀水書房 2004.3

海 野 弘   『陰謀と幻想の大アジア』(299 p)平凡社 2005.9

山 路 愛 山   『日本人民史』(? p)岩波書店 1966

今岡十一郎   『ツラン詩文学全集:ツラン民謡と詩』(238 p) 新紀元社 1958

アウノ・ア・カイラ『氾ツラン主義と大東亜新秩序』帝都育英工業高校 1944

今岡十一郎   『ツラン民族圏』(? p)龍吟社 1942

白 柳 秀 湖   『東洋民族論』(372 p)千倉書房 1940.5

須 山 卓    『亜細亜民族の研究』(267p) 日本公論社 1939.6

平 竹 伝 三  『新東亜の建設』(? p) 敬文堂書店 1939

眞 鍋 良 一    『回教・カトリック及ツラン同盟と防共協定』外務省調査局 1938

野 副 重 次    『ツラン民族運動と日本の新使命』(290p) 日本公論社 1934

野 副 重 次    『氾ツラニズムと經濟ブロック』(290 p) 天山閣 1933.9(↑と同一内容)

野 副 重 次    『ツラン民族運動とは何か』(? p) 日本ツラン協會 1933

今岡 十一郎    『ツラン民族運動とは何か』第1巻 吾等と血をひくハンガリー(111 p)
        日本ツラン協会    1933

北 川 鹿 蔵    『ツラン民族分布地圖解説』 (64p) 日本ツラン協会 1933

北 川 鹿 蔵    『ツラン民族分布地圖』(A2判1p) 日本ツラン協会 1933

浜名寛祐講演 『古代漢文を基礎とする言語学の一科』 日本ツラン協会 1933

野副重次述    『日本民族指導原理としての氾ツラニズム』(76 p) ツラン協會 1932.3

北 川 鹿 蔵    『満蒙民族独立の史的論拠』 (148p) 日本ツラン協会 1932

北 川 鹿 蔵    『パン・ツングーシズムと同胞の活路』(47p) 大通民論社 1929

北 川 鹿 蔵    「北満に於ける一般労働運動」(? p) 1925.9.1

北 川 鹿 蔵    「チェントロサユーズ(全露消費組合中央聯合会)最近の業績」(92 p) 1925
                南満洲鉄道哈爾賓事務所調査課資料 第14巻 南満洲鉄道哈爾賓事務所調査課刊

北 川 鹿 蔵    「東鉄通商部チチハル出張所開設問題」(? p) 1924.11.26

北 川 鹿 蔵    「内地外商資金の北満流入による一現象」(? p) 1924.10.25

北 川 鹿 蔵    「チェントロサユーズ(全露消費組合中央聯合会)最近の業績」(? p) 1924
                南満洲鉄道哈爾賓事務所調査課資料 第?巻 南満洲鉄道哈爾賓事務所調査課刊

北 川 鹿 蔵    「労農政府の運命」哈調資料第19号 (51p) 満鉄哈爾浜調査課 1924.1

渡邊巳之次郎  『回教民族の活動と亜細亜の将来』 大阪毎日新聞社 1923

大亜細亜協會編『大亜細亜 大亜細亜協会・ツラン会発足式に於ける講演』(?p)
         大亜細亜協会 1922

大 川 周 明    『復興亜細亜の諸問題』(? p )大鐙閣 1922(新版 中公文庫1993)

バラトシ・ベネデク『世界パンフレット通信51 氾ツラン民族同盟』(17p) 世界思潮研究會 1921.1

高山林次郎  「人種戦争として見たる極東問題」 太陽、明治31年1月20日号

北川鹿蔵のこと(2)

  • 2013.05.18 Saturday
  • 02:00
  日本ツラン運動の草分けの一人だった北川鹿蔵は滿鐵哈爾浜事務所調査課に所属した調査部員だったようである。ツラン運動のパンフレットを執筆する前に、ソヴィエト経済を分析する調査を行なってその報告書を二つ出している。いずれも発行は「南満洲鐵道哈爾浜事務所調査課」となっているので、北川は大正末年から昭和初期にかけて、ここに籍を置いて大陸で調査活動を行なっていたと思われる。

(1)ツエントロサユーズ(全露消費組合中央聯合会)最近の業績 1924年
(2)哈調資料:ツエントロサユーズ(全露消費組合中央聯合会)最近の業績ー第14巻 1925

 その後に北川鹿蔵はツラン運動共鳴し、「東京府下澁谷町北谷38番地」の自宅において、「大通民論社」を興してツラン主義、なかんずく「ツングース民族主義」を鼓吹する小冊子を発行する。それが47頁の

 パン・ツングーシズムと同胞の活路 昭和4年12月20日発行

である。発行所となった「大通民論社」の「通民」とは「ツングース民族」の漢訳略語である。その後に「日本ツラン協会」に合流した北川が「日本ツラン協会」で最初に出版したのが、

 満蒙民族独立の史的論拠 昭和7年発行 148頁

だった。その翌年昭和8年に出した『ツラン民族分布地圖』と『ツラン民族分布地圖解説』(64頁)も「ツラン協会」の発行となっている。

  



トゥランに関する二つの論文

  • 2013.04.13 Saturday
  • 17:01
『 アジアの国民国家構想と植民地主義』(2008年3月、青木書店)なる本がぜんぜん届かないので、近くの図書館に行ってみた。やはりなかったが「取り寄せ依頼を出してみますか」と助言してもらった。出すことにしておいた。それが届いた。世田谷区の図書館から来たのだ。韓国人の千葉大学教授趙景逹という人が総論の中の付論で「トゥラン主義と朝鮮」と題して5頁ばかりトゥランに言及している。また、トルコの人でアンカラ大学准教授のエルキン・H.ジャンという人が「トルコにおける国民国家構想と近代日本の接点」の中でトゥラン主義を論じている.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

訪問者数

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM